top of page
検索
  • 深川愛隣保育園

クリスマス会2022

2022年12月17日(土)


この日は、みんなが楽しみにしていたクリスマス会でした(*^-^*)

保護者の皆様、寒い中、お忙しい中、時間を作ってお越し下さり、ありがとうございました。


今年も幼児クラス(ちゅうりっぷ、さくら、きく)三部入れ替え制で行い、密を避けて安心安全に努めました。ご理解ご協力ありがとうございました。


ちゅうりっぷ組(3歳児クラス)は、劇「どうぞのいす」を披露しました。練習を始めた時は恥ずかしくて声が小さくなってしまいましたが、徐々に自信を持って、本番でも大きな声で台詞が言えました!歌「ジングルベル」は歌詞が長くて1番と2番とで混乱しないかと心配でしたが、歌詞の内容を伝えていくと、すぐに覚えてくれて楽しく練習でき、本番も気持ち良く歌えました!


 

さくら組(4歳児)は、お遊戯「ハッピークリスマスパーティー」をしました!楽しく振りを覚えていきながら、難しいフォーメーションに挑戦したさくらさん!舞台上で迷子になってしまう事もありましたが、何度も練習を重ねて、本番でも最後の目玉のクリスマスツリーの体形をみんなで完成させました!合奏「夢を叶えてドラえもん」は最初は合わせられずリズムがバラバラでしたが、パート別練習を重ねていき、本番では自信を持って臨めていました!歌「にじのむこうに」はさくらさんにぴったりの元気が湧いてくる歌です。怒鳴るのではなく綺麗な声を出すことを意識して本番も綺麗な歌声が響きました!

 

きく組(5歳児)はキャンドルサービスから始まり、毎年恒例の聖劇を今年も披露してくれました。聖劇はイエス様の御降誕という難しい内容です。そして台詞は、子どもたちにとって親しみの無い言葉ばかりでした。そんな中でも覚えることが大好きなきくさんは、驚く程どんどん吸収してくれました。今年の聖劇もさすがの仕上がりで観ている人を感動させてくれました。

合奏「小さな世界」は色々な曲を聴いてみんなで決めた一曲です。難しくても頑張りたいという気持ちで練習に取り組みました。今年のきくさんの強い気持ちが詰まった合奏で、心を合わせた演奏が素晴らしかったです。

歌「ね」では、サビに手話を取り入れる挑戦をしました。歌いながら手話をする事は難しい事でしたが、練習に練習を重ねて習得していきました。手話を身近に感じられた事もとても良かったです。大人になってもずっと友だちでいたいという気持ちを込めて、歌い上げてくれました。



たくさんの観客を目の前に、大きな緊張感の中でも子ども達は練習の成果を存分に出し切れていました!

間違いなくこの経験は子どもたちにとって大きな宝物になったと思います。

今年のクリスマス会も....大成功です!!☆☆☆


乳児クラスでは、クリスマスの出し物に加え、園での普段の様子や成長した様子の映像を編集中です。来年1月頃にお見せしたいと思っています。お楽しみに!!


今年も残りわずかとなりました、益々寒くなってきていますね!

お体に気を付けて、素敵なクリスマスをお迎えください(^_^)!

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

節分

観劇会

bottom of page